お仏壇でもあり、お墓でもあります。

「維持するのが大変なお墓はいらない」
「手をあわせたい時にすぐそばに」
手元供養新時代の一台二役ハイブリッド納骨仏壇。

供養にお墓とお仏壇の両方が必要なのでしょうか
後世に心配や負担を残すお墓が本当に必要なのでしょうか
いつでもすぐに会える自宅での供養ではいけないのでしょうか
樹木葬、永代供養墓、直送、散骨など、
今、社会や家族環境の変化にあわせて、
仏事にまつわることが大きく変化してきています。
ハイブリッド納骨仏壇「花供養墓 MUSUBI-むすび-」は、
そんな潮流を捉えて誕生した新しい供養の在り方をご提案する仏具です。
粉骨をしたご遺骨を収納できるお墓として、
また故人様と私たちを結ぶお仏壇として
ご利用いただけます。

手元供養(自宅供養)仏壇として

良い墓地が見つからない場合や、お墓が遠方で行くのが大変な場合など。本来は、墓地や寺院などで管理してもらう遺骨を、自宅で管理することを手元供養、もしくは自宅供養といいます。花供養墓は、粉砕したご遺骨を収納し、お墓(納骨仏壇)としてご利用いただけます。

花供養墓の手元供養のよいところ

  • 故人をいつも身近に感じることができる
  • 住み慣れた場所で眠る安心感がある
  • わざわざ出向かなくても供養ができる
  • 費用を大幅に抑えることができる

遠くのお墓ではなく一部でもご遺骨が身近にあると、亡くなった人をそばに感じ、いつも一緒にいることができます。

「じめじめしたお墓」「暗くて狭い納骨堂」に安置するのはかわいそう、という声がありますが、自宅での手元供養ならそんなこともありません。

手元供養ならお墓にわざわざ行かなくても、いつでも手をあわせることができます。足や体調がすぐれずお墓参りが難しい方には、ありがたいポイントです。

都内で樹木葬を選ぶ場合、50万円程度の費用がかかります。花供養墓ならお墓と仏壇、さらには仏具や粉骨料なども含めて約50万円(※昴の場合)。
約50万円で、供養のすべてが揃います。

花供養墓は、様々な想いと寄り添う手元供養・納骨仏壇です。

遺骨を花供養墓で手元供養するにあたって

十三回忌までは遺骨を手元で供養したい。お墓にはなかなか行けないので分骨を置いて供養したい。ご遺骨をどうするかはご事情やお気持ちによってさまざまです。
ご遺骨を分けて保管することについて、「成仏できなくなるのでは」と心配される方がいらっしゃいますが、仏教では昔から、「分骨」という形で宗派の大本山へご遺骨を納めることが一般的に行われており問題はありません。※粉骨する際は、「送骨セット」というご遺骨を当社へ輸送していただく専用箱をお送りいたします。詳しくはお問合せください。

1全量保管

粉骨したご遺骨のすべてをご遺骨収納箱に入れて花供養墓で保管・供養します。

2分骨保管

遺骨を分骨し、一部を墓地や寺院へ納骨、一部(粉骨)を花供養墓で保管・供養します。

手元供養をするにあたっての注意点

墓地埋葬法により「焼骨の埋葬は、墓地区域以外にはしてはならない」と定められており、自宅の庭などにご遺骨を遺棄することは認められていません。花供養墓は、粉骨を保管する場所としてお墓をうたっており、保管をする人がいなくなった場合には、墓地区域に粉骨する必要があります。花供養墓では、お寺と花供養墓を結ぶご供養から、ご遺骨の最終的な行き先としての散骨や永代供養墓のご紹介もいたします。

お寺による永代供養や合祀・散骨のご案内

※掲載の価格は、1体の料金となります。※散骨のみ別途消費税がかかります。